タイマッサージ ワットポー

ワットポーでタイ古式マッサージを習う

タイ式マッサージを受けてみよう

タイ(バンコク)へ行くと、いろんなところでマッサージのお店もあり、価格も日本と比べて格段に安いです。私は、マッサージを毎日、生徒同士でやりあっていたので、そんなに行かなかったのですが、12日間の滞在で
ワットポーの近く タイ式 1時間 オイル 2時間
カオサンロード フット 1時間
カオサンロード フット 1時間
カオサンロード タイ式+フット 1時間30分
スワナプーム空港 フット 1時間30分
と、結構、時間があったら行っていましたが、値段に比例して上手さが違うなと思ったのと、あとはそのお店でもスタッフによって上手さが違うのでなんとも言えないでしょうが、日本に比べたら格安なので受ける価値はあると思います。やはり本場で受けるのもいいでしょう。ワットポーの近くはソフトで学校のやり方に似ていましたが、カオサンは何件かあって、又、施術者によっても違いましたが少しハードでした。ツヨモミというより、人間はたとえばフクラハギの部分など誰でも少し押されるだけでも痛いのですが、結構、ぐいぐいやられたので、うーーん?って思いましたが、でも、いろんな手技がお店によってあるので受けて勉強するのもいいかもしれません。

ちなみに、地球の歩き方みたいな雑誌がたくさんありますが、マッサージを受ける際にチップは最初に渡すほうがいいみたいと書いてあったのですが、私は最後に渡していたのですが、相手の上手さによって渡したり、渡さなかったりしたことがあったのですが、学校の先生曰く、やはりタイマッサージの人はチップ目的で頑張るというのもあるらしいので、日本人はチップを普段払わないので慣れないと思いますが、チップをあげたほうが気持ちよくお互いマッサージを受けれるみたいです。私も上手な人には、100バーツ払ったりしました、一時間受けて250とか300バーツくらいなので、それに比べれば100バーツというのは高い気もしますが・・・。しかし、一生懸命やってくれたりしてくれた場合に払えばよいのであって、初めに渡さないのなら、マッサージの後にでも考えて渡せばよいのかもしれません。私もチップにはなれてないので、詳しくなくて申し訳ございません。詳しく知ってる方はぜひ教えてほしいです

次へ






トップ  タイ古式マッサージとは  学校はどんなとこがあるの  宿はどうしましょう
宿から学校へのアクセス  学校の場所  授業料  雰囲気  試験  証明書とは
マッサージを受けてみよう  オイルマッサージアンドアロマセラピーコース  その他のコース  リンク集
copyright(c) 2005 リキュア鍼灸マッサージ治療院 all rignts reserved